上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テツです


ありがとう展を無事終えることができました。

貴重な時間を使って

「ありがとう展」に足を運んでくださった皆さん、

ありがとう展にいろいろな形でご協力してくださった皆さん、

僕達を支えてくれた皆さん


本当にありがとうございました。

もちろんこまごまとした問題や反省点はつきませんが、

今ある時間と状況の中で最後まで妥協せずにありがとう展を作れたこと

そしてそこに200名を超える方が足を運んでくださり

熱心に手紙や映像を見て、いろいろなことを感じ考えてくださったこと

そして自分が言うのはおこがましいですが

僕達が思い描き、目指していた温かで優しい空間と時間、

そして笑顔が生まれたこと

僕達の目指したものができたと思います。


そして、これは手紙を書いてくださった方、

様々な協力をしてくださった方、

来場くださった方、

このありがとう展に関わる全ての人のおかげだと

僕は心底思いました。



ありがとう展を作る過程で

開催が危ぶまれたり、展示方法を変えないといけなくなったり

と様々なピンチがありました。

でもそんな時、人の優しさに触れました。

僕達を助けくださった方々の力で、

何度もその危機を乗り越えることができました。


僕達の力で乗り越えたのではなく

僕達はただ諦めなかっただけ。


自分ひとりでできることなんて本当にちっぽけだけど

そこで歩みを止めるんじゃなく、

一歩を踏み出していくことで

そこに色々な人のつながりが生まれ

それに支えられながら

少しずつでも目指すものに進んでいける。


そんなことを教わりました。


今僕に与えられているものの全てに

「ありがとう」


今ある「あたりまえ」を大切にしながら

また前に進んで行こうと思います。



スポンサーサイト
2008.01.11
みなさんこんばんは!

テツです。

今日はいよいよ本番!

ありがとう展初日でした。


本当に数え切れない(100名以上の方の協力を頂いて)

方の協力を頂いてありがとう展開催の日を迎えることができました!



「幸せ~!!」

なんて感動に浸っている間もなく、

怒涛の準備で大忙し。

メンバーの友達やTHホールの方の力を借りて、

なんとか間にあいました。

ギリギリというか15分もオーバーしての開演で、

お客さんに迷惑をかけてしまいました。

すいませんでした。


できあがった空間は、

僕達が、3ヶ月前から思い描いていた

「温かくて、柔らかくて、なんだか元気が沸いてくる」

空間そのものでした。



そして、

テストの合間を縫って来てくれた人、

わざわざ電車を乗り継ぎ駆けつけてくれた人

たまたま通りかかって、立ち寄ってくれた人

ビラをもらって見に来てくれた人

ミクシーを見てきてくれた人


などなど約70名もの方がお越しくださいました!!

本当にありがとうございました。



じっくりと足をとめ、

食い入るように手紙を読んでいる人

お友達と和やかにおしゃべりをしている人

大切な人に手紙を書いている人

映像を見つめている人

手紙cafeでくつろいでいる人


それぞればらばらの、赤の他人のはずの人たちが

何か一つのものでつながっているような温かな雰囲気
でした。


明日はTHホールで行う「ありがとう展」最終日です!!


関大前のとおりに大きい
「ありがとう展」の看板が待っています。

気軽にのぞいてみてください!!
ありがとう展開催まであと2日!!!!!

 さらです。

 ただ今メンバーは準備に追われ、時間との激しいバトルが繰り広げられています。。。。

 今日私は関西大学放送研究会 KBCへ行ってきました。

   

なぜだって??
 
 


 それはスライドショーに使うの手紙の朗読をしてもらうためです。

 
 4通のお手紙を読んでいただきました。

 いやぁ~読んでいる姿や、声の出し方なんかすごいですね。

 一人で感動してて、聞き入っていました

 とっても素敵です。

 
 皆さんにも是非聞いてほしいです

 10日から会場で、バンバン上映していくので、見に聴きに来てくださいね。

 


  あと二日。。。。。。。。。。。。

    やるぞぉぉぉぉ~~
2008.01.05
あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

新年の挨拶が遅くなってしまいました。。。

いや~~~2008年ですね~~~!!

昨年はありがとう展開催に向けて
たくさんの方のご協力を頂きました。


皆さんのおかげで、少しずつありがとう展の形が見えてきました。
本当にありがとうございました。

ありがとう展まで、あと6日!
今年も、どうかよろしくお願いします。



ところで、僕(テツ)は今実家に帰っていました。

僕の田舎はなかなかの田舎です笑。
社会の教科書で「過疎の町」という不名誉な取り上げ方をされるパターンです笑
いろいろな伝統やしきたりといったものが
まだ生活の中にたくさん残っています。
それはそれは、僕にとっては面倒くさいとしか思えないものでした。


お正月に、しめ縄や様々な正月の飾りを手作りし、
神棚や家、車庫、倉庫、井戸など家のいたるところに飾ります。
葉の付け方、葉の表裏などいろいろ細かな伝統があるようです。
こんな作業に加え、おせちづくり、お餅つきなどなど年末はいろいろと慌ただしい
んです。

でも、僕は、今年も31日に、正月準備の作業を家族としていて

「そういえば子どもの頃から、毎年毎年ずっとこうやってきたな~~」

いろいろな事を思い出しました。僕はきっと生まれて物心ついたときから
この年末の作業を変わらず家族と続けてきています。

いまでは、離れて暮らしている家族。
かつてのように毎日一緒に食卓を囲んだり、行儀が悪くて叱られたり、一緒に遊んだりすることも無くなりました。

その頃と、それぞれの立っている環境も、お互いの関係も変わりました。

でも、気づけばまた今年も
変わらずに、家族で慌ただしく正月の準備をしている。

「これって本当は、結構ありがたいことなんじゃないかな?」

僕達の生きている世界って様々なものがめまぐるしく変わっていく
僕達自身もいつも変化を求められている

でも、(だからこそかな?)「変わらないもの」「変わらないこと」って
実は大切なのかも・・・

そんなことを思いました。

「時代は変わる ラガーは変わるな」

なんかキリンビールのCMみたいな終わり方になってしまった笑。


でもきっと「ありがとう」って気持ちも
ずっと昔から、
変わらずにあったんじゃないかな・・・
そしてこれからも・・・


いろんな言葉が流行っては消えていくけど、この言葉はきっと消えないんじゃないかな・・・


長くなりました。今年も説教くさくてクドイ私ですがよろしくお願いします笑


あけましておめでとうございます。
皆様どのような年を迎えましたか?

私サラは実家の広島にも帰らず寒い正月を向かえました。

とっても寒かったので、同じように寒い元日を迎えた友人の家へ。

まぁ 最初はたわいもない話が、だんだんと卒業後の話になって、

そして大学生活の思い出に。



あんな事あったなこんな事あったなって。


しばらくして
「お前変わったよな。いい意味で。なんかいいよ。」

と友人がいってくれました。


私には何がどう変わったのかよく分からないけど、いいように変わったらしいです。

でも変われたのはこの友人を含めた大学でであった人たちのおかげだと思います。

みんなに会って、いろんな事考えて、いろんな刺激を受けました。

悩んだことも、たまに相手の事分からなくなったこともあったけど、

その分たくさんの経験や思い出をもらいました。







あ~~~~~~~~~まだ大学生活の締めにいきたくないのに!!!w



私は大学でであった友人達に心いっぱいのありがとうを言いたいです。


それがありがとう展で伝わればいいな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。